仕入先を選んで発注するには?

仕入先を選んで発注するには?

システムを使って発注するといっても、色々な方法が考えられます。
例えば、
▪仕入先ごとに発注する曜日が決まっている場合
▪発注する商材を直接指定したい場合
▪いくつかの商材の組み合わせをセットで発注したい場合
▪実地棚卸をしながらメモした発注数をまとめて発注したい場合
などなど…

dPackでは、そのような様々な発注方法に対応しています。

 まずは、仕入先一覧から商材を発注する方法です。発注状況一覧表を開いて、仕入先を選択します。 
ここでは、00013六甲乳業 大阪営業所を選んでみます。すると、その仕入先が取り扱っている商材が表示されています。 

上の段で[発注方法]が「FAX」となっているのは、この仕入先には発注書をFAXサーバーから自動的に送信しますよ、という意味です。その横の[処理]が「随時」となっているのは、この発注入力が終わればすぐにFAX送信するという意味です。もし、仕入先ごとに決められた定時(発注締め後)にまとめて送信したければ、ここで修正することができます。

[分納]は、この発注が複数回の納期に分かれて納品されても良いかどうかを指定する欄で、時期的分納を意味しています。「不可」の場合は仕入先は発注数を揃えて一度に納品する約束ごとです。複数の納品場所に分割して納品される場所的分納ではありません。

下の段の、[翌日]と[以降]の欄は、過去に発注した納品予定の数量が参照できるようになっています。重複して発注しないように注意を促すために、いちばん左側に参考表示しています。

[発注数]の単位は発注に使用する単位を表示しています。[発注数]は「3パック」で1パックが約2kg入りの食材の場合、[納品予定数]は「6kg」と単位換算で納品予定数も自動的に初期表示されます。(納品数が実際には「6.153kg」だったという不定貫の場合は、納品時に上書き入力できます)

[発注単価]は仕入先別発注単価をマスター登録してあると初期表示されます。

いろんな、細かい機能があるでしょう?仕入先別の発注シートを元に発注されている場合には、この機能を使って作業をペーパーレスに出来ますね。